あらゆるシーンで大活躍

私は目新しい商品が好きで、タブレットPCも早々と手に入れていました。特に何をするわけでもなく買いましたが、今となってはなくてはならない身近な存在になっています。

社内での打合せのとき、メモ代わりとしてPCをひらいて会議の内容を打ち込んでいます。社内ではもはやこれが常識化しつつあるほど約7割の人が活用しています。また、外出先でもお客様と打合せをしながらメモ機能で内容を書き込んでいて、次回までにやるべきことを最後に確認するのにタブレットPCの画面を見ながら最終確認を行っています。

外でランチをする時は注文したものが出てくるまでプライベートな情報を検索したり、出張先の情報などを収集したり、美味しいお店を検索したりと時間も有効に使えるので便利です。持ち運びするにも普通のパソコンより軽いし小さいし、女性が持っていても可愛らしいデザインのパットが売っているので、遊び心も満載でお客様の前で出すと話題になることも多いです。

そうなると会話がはずみ商談しやすい雰囲気になるので有難い助け役となっています。プライベートでも大活躍です。必ず旅先にも持参して、見知らぬ土地の情報を得ています。それでランチをどこで食べるか、有名スポットはどこにあるか、またその先々で写真を撮ったりもして機能をフル活用しています。

本当はもっと奥深く機能を知っていればもっと楽しめるのだと思いますが、自分が使わない機能については調べようとしていないので、そこから進化することはありません。たまに友達から教えてもらって、そんな便利な機能があったんだと知って使うようになることもあります。有効活用するには、そういった情報共有をすることも大切なんですね。しかしながら、たまにご機嫌斜めになりプチッとフリーズしてしまうことがあります。電波の状態がよくないところで使っているからなのか、ボタンをタッチするのが早すぎてPCがついてこれないのか、検索した語句や内容が重いのか原因はわかりませんが、こうなるとずっと画面が動かないままの状態で進めないので不便だなと感じるときもあります。とは言っても、私にとってとても便利なので手放せません。便利にするということはPCを有効活用してあげることだと思うので、これからも友達といろいろ情報交換をして使いこなしていきたいと思っています。