タブレットPCという選択

タブレット(平板)という名の通り、板の様な形をした端末のことを指す言葉として浸透してきています。 現在、既存のガラパゴス携帯を凌いでシェアを伸ばしてきているスマートフォンよりも大きいタッチパネル液晶を搭載しているのがタブレットで、操作しやすく、画面が見やすいメリットがあります。 昨日は多岐に渡り、インターネットや電子メール、電子書籍、ゲーム、動画閲覧、資料作成など用途はこれからも広がっていくことでしょう。 ノートPCとスマートフォンの丁度中間の様な存在として、可能性を無限に秘めた電子端末であると言えるでしょう。 タブレットPCの中でも「iPad」はもはや説明不要なくらい、代表格存在として君臨しています。

その理由としてはアプリの種類も豊富ですし、カメラの画質も高く、音楽を聴いたり映画を観たり、本を読んだりと、とにかくオールマイティに使い道があるのですが、操作していてほとんどストレスを感じないほどの、タッチに対応したスペックの高さが特徴です。。 最近のタブレットはスペックが優秀になっているので、レスポンスの早さには驚くばかりです。将来的にはノートパソコンも減少していくのではないかと思うぐらいの高機能を実現したものです。 最新のRetina対応のiPadは液晶画面が高画質、高解像度で本当に綺麗で画面を触るのも緊張するほどです。

唯一の弱点があるとすれば、水に浸かったら壊れる点でしょうか他のタブレット端末では防水タイプも出てきているようですので、次世代のものでは搭載されるのかもしれません。 このことから、お風呂などの水辺で使うのには注意が必要です。富士通のARROWSなら水の中でも大丈夫だそうですので、今後需要が伸びてくるのではないでしょうか。 タッチパネルの大きさとバッテリーの持ち、また重量などがタブレット端末のついて比較できる点なのですが、今後技術革新によってどこまで軽く薄く綺麗な液晶になっていくのか、期待が持たれているところです。 技術の進化に人間が追いつかないというようなことにならないように、日々勉強しなくてはと思う次第です。