タブレットPCで絵を描くことの楽しみ

昨年買ったタブレットPC、当初は調べものやニュースを確認するなどの使い方がメインでしたが、それだけではもったいないと、使い慣れた現在はいろいろなアプリをダウンロードしています。 そのアプリの中には無料の物もたくさんありますので、無料アプリで気になったものは取り合えずといった感じでダウンロードしています。 今までダウンロードしたアプリの中にはピアノの演奏がタッチパネルを通じて出来るものや、画像をいろんな風に編集できるものなどもあります。 そのダウンロードしたアプリで私が一番気に入っているのが、ペイントソフトです。タブレットPCならではのソフトで、タッチパネルの上をなぞるだけで、お絵描きが出来るソフトです。 今まで絵を描きたいと思ったら、紙の上に書いていくか、パソコンを立ち上げてペンタブと言われるペン型のマウスを連動させて描いていました。

しかしタブレットPCの場合、自分の指やスタイラスペンというペンがあれば、タッチパネルの上からどんどん描いていけるのです。 これなら思い立ったら、どこでも時間さえあれば、すぐに絵の練習が出来ます。たまに多少のタッチパネルの反応の鈍さを感じる時もがありますが、概ね描きたいように描いていけて楽しいんです。 その描いたものは瞬時に次にまた描き足すことが出来るよう保存しておくことも可能です。それに色付けもその上で行うこともできるので、時間があればそのタッチパネルの上だけで絵を完成させて行けます。

有名な動画サイトにも、各タブレットPCの上でお絵かきをしている人がの動画が多数存在し、それを見るのが今の私の楽しみになっています。 ペンを使ってスケッチをしている人や、指を使ってリアルな人物画を書いている人まで、その中にはプロの絵描のような人まで存在し、そのタッチパネルの機能性を使いこなせている人をたくさん見ることが出来、とても参考になるんです。 タブレットPCを購入してから、こうやって絵を描く方法がまたひとつ新たに加わり、日常の楽しみが増えました。