我が家のタブレットの使い方

我が家には1台タブレットPCがあります。あると言っても主人が仕事で使っているので、昼間は家に置いてありません。私や子供たちが使うのは夜や休日だけです。 それでは平日の昼間はどのように使われているかというと、主人が営業の外回りの仕事でお客さんにプランなどを説明したり、シュミレーションを見せたりすることに使われているます。タブレットPCを購入するまでは、ノートパソコンの画面を使って説明していたらしいのですが、それだとお客様が手にとってじっくり見ることができなかったそうです。タブレットにしてからは、お客様がじっくり画面を見ることができ、話の理解度も上がったようです。

私や子供たちの使い道と言えば、きまってゲームか音楽映像などの鑑賞です。もや×2さま~ずのナレーションで有名なしゃべるアプリでいろいろなおしゃべりをするのがとても面白いです。Youtubeなどを見る時もデスクトップPCではその場でしか見られませんし、スマホでは画面が小さくて疲れます。タブレットならば布団の上でねっ転がってでも目が疲れることなく楽しめるのが気に入っています。 主人は休日にもタブレットを使うことがあります。それは映像録画や音楽録音をすることです。わざわざビデオカメラや録音機材を用意しなくても、なかなかいい音、いい画質で録画することができます。先日も趣味のバンドの練習風景を録画して何度も見返していました。 私は普段デスクトップPCを使っているので、やはりタブレットで文字を打つことに少し抵抗がありますが、子供たちは何も気にしていないらしく、使い方を詳しく教えなくてもどんどん使いこなしていっています。近所に住む子供も2歳くらいからタブレットPCでのゲームを使いこなしています。私が子供の頃には2歳の子供がパソコン(当時一般家庭にはほとんどありませんでしたが)を使いこなしてしまうなんて想像もつきませんでしたが、子供の順応性はすごいなあと感心してしまいます。

そのうち我が家でも子供が自分のタブレットが欲しいなんてことを言い出すようになるかもしれません。まだまだすぐ買ってあげられる値段ではないので、早く気軽に買うことのできる価格になってほしいなぁと願っています。

しかしタブレットPCの場合、自分の指やスタイラスペンというペンがあれば、タッチパネルの上からどんどん描いていけるのです。