タブレットPCとタブレット端末の使い道

タブレットPCは、タッチパネル式のディスプレイをもつパソコンのことです。 ノートパソコンの、ディスプレイ部分をタッチすることによっても操作が可能になったものと考えればよいと思います。もちろんタッチ以外の操作方法として、キーボードやマウスによる入力操作も可能です。 タブレットPCと、iPadやAndroidOSを搭載したような、タブレット端末とは、言葉は良く似ています。

外観は、タブレットPCのほうが、キーボードや入力インターフェースが多いぶん、ごちゃごちゃして見えます。一方でタブレット端末のほうは、最小限の機能におさえられているため、すっきりした外観に留まっています。 これは、タブレットPCは、それまで存在していたノートパソコンの派生であることに由来します。タブレット端末は、スマートフォンが大きくなったものですので、そういった誕生経緯から、このような外観の違いが生じます。 タブレットPCと、タブレット端末の大きな違いは、動作するソフトウェアにあります。

何タブレットPCに搭載されるオペレーティングシステムは、Windows系のOSである場合が多いです。従って、Microsoft Officeや、Windows用のソフトウェアの大半が使用可能です。一方でAndroidやiPadは、スマートフォン由来のアプリが動作しますが、Microsoft OfficeなどのWindows用ソフトウェアは、今のところ互換性が無いため動作しません。 ここがタブレットPCとタブレット端末の使い分けのポイントとなります。

企業では、Windows用のソフトウェアや、Microsoft Officeで作成されたファイル群が大量にあります。これを外出先や客先で閲覧し、編集し、そしてデモをおこなうに当たり、タブレットPCが活躍する機会が訪れます。 Windowsの最新版であるWindows8は、タブレットPCのような、タッチパネルを装備したハードウェアで動かすことを想定した設計になっております。 一方で、AndroidやiPadは、専用のアプリを使った操作を行うかたちになります。全般的にWindowsのものよりもシンプルかつ軽量で、積極的にインターネットアクセスするようなアプリが多いです。 両者は共に成長しつつあり、今後は、軽量で持ち運びの便利なタブレットPCが普及していくと思われます。